ショッピング枠現金化の利用資格

HOME » 現金化のやり方 » ショッピング枠現金化の利用資格

ショッピング枠現金化の利用資格

クレジットカードは本来、一定額の所得が無いと作れないカードです。
しかし、クレジットカードの現金化は無職の人でもできます。
そもそも、クレジットカードショッピング枠の現金化には、利用資格などはあるのでしょうか?
今回は、現金化ができる人できない人について説明したいと思います。

どういう人はクレジットカード現金化を利用できないのかと言うと、それはずばり、クレジットカードを持っていない人です。
厳密に言うと、クレジットカードのショッピング枠に空きがない人。
ショッピング枠に空きがないと、現金化することはどうやっても不可能です。

ではなぜ無職の人がクレジットカードの現金化を利用できるのかと言うと、クレジットカード現金化は基本的には、業者が商品を買い取り、その買い取った分のお金を利用者に渡すだけの業務だからです。
決して貸金業ではないので、利用者の所得や貯蓄額などは全く関係ありません。
ですから、クレジットカード現金化は、無職の人でも主婦の人でも未成年でも利用できるわけです。
ただし、未成年の場合は年齢によっては、親の承諾が必要になる場合がありますので気をつけてください。

ではどういう人にとってクレジットカード現金化は、便利となるサービスなのでしょうか?
クレジットカード現金化は、給料日前のちょっとお金が足りない日や急にお金が必要になるイベントが発生した時などに活用すると、大変重宝するサービスです。
もちろん高額のショッピング枠を現金化した方がリターンは大きいのですが、無理に利用すると返済が大変になりますので、必要に応じて利用するのが正しい使い方だと思います。
翌月の返済額を考えて、自分の所得額から返せる範囲の金額を現金化するのが、現金化サービスの安全な使い道でしょう。

間違っても複数のクレジットカードを作って、それらのショッピング枠を現金化するような行為はやめておいた方がいいです。
もちろんそうやると還元率を高くなるのですが、果たしてその金額を返済できるかどうかが重要になります。
計画的な利用を心掛けて、クレジットカード現金化をうまく活用していきましょう。

現金化のやり方 | 04月28日更新