ショッピング枠現金化で用意するものは?

HOME » 現金化のやり方 » ショッピング枠現金化で用意するものは?

ショッピング枠現金化で用意するものは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、用意するものとは何なのでしょうか?
今回は、クレジットカードの現金化の流れと必要書類について紹介したいと思います。

クレジットカードの現金化は、基本的には還元率の高い商品を選んでクレジットカードのショッピング枠で買い物を行い、それを換金するという流れです。
還元率の高い商品を選ぶというのは実際には難しく、自分でやるより業者に任せた方がリターンが大きいというのが現実です。
業者にクレジットカード現金化を依頼する場合は、必要書類として免許証もしくは住民票の写し、住基カードなどの身分証の画像をスマホで撮り、インターネット経由で送る必要があります。
あとは自分の住所や連絡先などを記載して、利用者が指示するオンラインショップでクレジットカードを使って買い物をします。

基本的に、厳しい審査はありません。
クレジットカードを持てる人であれば、どなたでもショッピング枠を現金化することができます。
未成年であっても学生カードがあれば、現金化業者のサービスを利用することができます。
なぜ未成年が利用できるのかと言うと、クレジットカード現金化業者は、基本的には商品の買い取り業務を行っているだけだからです。
ただし未成年の場合は、親の承諾書が必要になる年齢もありますので、業者に相談してみてください。

申し込み時には、自分が住んでいるところの住所や電話番号、職業などを記載する必要があります。
個人情報を相手側に提示すするのは、少し抵抗があるかもしれませんが、これは他の買い取り業者でも同じ手続きを踏みますので、それほど心配する必要ありません。

クレジットカード現金化で用意するものは、ここで紹介した身分証のみとなります。
クレジットカードの暗証番号とセキュリティコードは、ショッピング時に入力をしなければなりませんが、業者に口頭やメールなどで暗証番号を提示する必要はありません。
クレジットカードを提示しろと業者が言ってきた場合は、悪徳業者である可能性がありますので、速やかに取引をやめるようにしましょう。

現金化のやり方 | 04月28日更新