ショッピング枠現金化ができない人は?

HOME » 現金化のやり方 » ショッピング枠現金化ができない人は?

ショッピング枠現金化ができない人は?

クレジットカードのショッピング枠を現金化できない人は、どういう人でしょう?
無職でも使えるサービスが現金化ですが、中にはサービスを利用できない人もいるみたいです。
今回は、その利用できないケースについて、詳しく説明したいと思います。

キャッシングのように審査が厳しくないクレジットカード現金化ですが、身元がはっきりしない人には現金化をしてくれません。
例えば、免許証や住民票などの住所を示す身分証などの提示を拒むと、現金化ができなくなります。
これは一般的な買い取り業者に買い取りをお願いするときにも、身分証を提示しなくてはいけませんので同じことが言えます。

次に現金化サービスを利用できない人は、親の承諾を得ていない18歳未満の未成年です。
これもまた通常の買い取り業者と同じ対応となっており、18歳を超えていない、親からの承諾書を提示できない未成年者は、現金化サービスを利用することができません。

後は、他人名義のクレジットカードを使用する人です。
クレジットカード現金化をする時には、業者の指示でショッピングをするのですが、この時クレジットカードの名義が本人と違う名義であった場合は、現金化が拒否されます。
基本的にクレジットカードは本人以外が使ってはいけないと言うルールがあり、現金化業者からすると、他人のクレジットカードを盗難して使っている恐れもあるため、万が一のトラブルを避ける意味でも、そういう利用者とは取引をしていません。

これらに当てはまらない場合は、大体のケースで取引が可能です。
消費者金融や銀行系カードローンのように厳しい審査は行われないと思っても大丈夫でしょう。
大事なのは、身元がはっきりしていて未成年ではないもしくは、保護者からの承諾書を提示できる人であれば、クレジットカードの現金化は可能だと考えていいです。

クレジットカード現金化をする上で注意点があります。
それは悪徳業者に騙されないようにすることです。
正規業者があれば悪徳業者もはびこるというのが世の常なのかもしれませんが、残念ながらクレジットカード現金化の業界にも悪徳業者はいます。
悪徳業者に騙されないようにするためには、しっかりと下調べを行ってから、安全だと確信を持てる業者を選ぶことです。
特に初めての現金化は、業者選びを慎重に行いましょう。

現金化のやり方 | 04月28日更新