クレカショッピング枠現金化に潜むリスク

HOME » 現金化のやり方 » クレカショッピング枠現金化に潜むリスク

クレカショッピング枠現金化に潜むリスク

手軽に利用できるクレジットカード現金化サービス。
インターネットで申し込むだけで、すぐに現金が手に入るサービスですが考えて使わないと危険です。
そこで今回は、クレジットカードのショッピング枠現金化のリスクについて説明したいと思います。

まずクレジットカード現金化を利用する際に、一番考えておきたいリスクは返済リスクです。
クレジットカードのショッピング枠を使用した後には、返済が待っているため、使い過ぎには気をつけなければなりません。
理想的なのは翌月の一括払いが金利もつかずおすすめなのですが、クレジットカードはリボ払いも選ぶことができますので、支払いが厳しければリボ払いにすると楽に返せます。

ただしリボ払いは、リボ払い手数料も加算されますので割高になってしまいます。
クレジットカード現金化も手数料が徴収されますので、ダブルの手数料負担について考慮しておかなければなりません。
ちなみに返済金額は、30万円を借りに現金化した場合だと、毎月リボ払いにすると1万4000円程度の支払いになります。
全額が元金に充てられるのではなく、利息と元金の返済です。
そのうちの利息が4000円で元金が1万円の返済ということになりますので注意してください。

クレジットカードの借金は、消費者金融の借金と同じく金利がのしかかってきますので、リボ払いを利用する際には早め早めに元金を返すように頑張った方が得策です。
できれば現金化する金額は、収入の範囲内で一括で返せる金額に抑えた方が妥当だといえます。
分割リボ払いの利用は、よほど困った時のみにするように心掛けましょう。

さてここまでは、返済に関するリスクと手数料負担について説明しましたが、もう一つ気をつけなければならないリスクがあります。
それが、悪徳業者のリスクです。
悪徳業者は業界全体のごく一部なので、注意して数多くの現金化業者を比較していけば、どこが怪しくてどこが大丈夫なのかが分かるようになってきます。
インターネットの比較サイトなどを利用すれば、色々な現金化業者のサービスを確認することができますので利用してみましょう。

現金化のやり方 | 04月28日更新